not so cold
雪が降ると、静かでまぶしい朝が訪れる。

正月の鯖江(福井)は、雪景色でした。一昨年は大雪で大変でしたが、去年は雪無しでした。

子どものころは、もっとたくさん雪が降っていて、小学生の頃は、雪を踏みしめて学校に通っていました。雪がたくさん積もっている寒い朝は、雪の表面が凍っているため、雪の上を歩いて通っていました。田んぼの雪の上を歩くと、学校までの近道になるんです。

凍った雪の表面は、朝日できらきらと光ってきれいですが、注意して歩かないと罠にはまります。少しくぼんだところは、その下が用水路の上なので、うっかり歩くと、ずぼっと足がはまります(今回、妻がはまっていました)。

雪が積もっていると、なんだか静かで、気持ちいいですね。一人で歩いていると、ふと心細くもなりますが。